IMG_1586 当店ホームページ内のA.S.H(アッシュ)のATF紹介ページをご覧になったようでオートマチックフルード交換でご来店です。
 詳細は参考になる部分もあると思いますので当店お勧めの A.S.H.オートマチックフルード の紹介 を合わせてご覧ください。※ルノー、プジョー、シトロエンのオートマ車オーナーの方は特に必見です。



IMG_1588 取扱説明書には本国からの指示通りに無交換と記載がある為、ディーラーなどでは積極的に交換を勧める事が出来ない現状があるのはわかりますが
 私が今まで数多くのATトラブル修理に携わった経験から日本のストップアンドゴーが非常に多い交通事情と高温多湿な環境下でのオイル劣化とAT内部損傷を見るにつけ無交換というのは無理だと言わざるを得ません。オートマで多額の出費に至らない為にも積極的にATフルード交換が必要だと感じています。

IMG_1589 ←抜き取ったATフルード。
新油はサラダ油の様な色で透き通っています。
6万km無交換だったそうでかなりの汚れと劣化。
この車両が特別酷い訳では無いんです。
これほどになってしまうそんなオートマなんです。
ですので定期的なATフルード交換が必要です。
具体的には2万km毎の交換がベストです。3.5〜4.5L使用の交換1回で十分です。少量を短いスパンで交換することが一番有効的です。※走行条件にもよりますのでお気軽にご相談ください。
IMG_1591 
 新油を注入しテスターのパラメーターが油温58℃になったところでフルード量を調整し完了です。

※ちなみにAL4の改良版?としてAT8という名でプジョー308や208、シトロエンではおニューなC3、C4、DS3、DS4などに搭載していますが基本構造は同じモノなのでやっぱりATフルード管理はきちんとしなければですね。

 後日追記(2013/06/08)
 メーカーも無交換は厳しいことをようやく認め出したようです。
その辺の情報はこちら≫
 プジョー&シトロエン、ATフルード交換やっぱ必要でした・・の巻
検索用:AT 故障 プジョー シトロエン ルノー AL4 AT6  4HP20 DP0 DPO 206 207 208 306 307 308 406 407 C3 C4 C5 DS3 DS4 DS5 エグザンティア ピカソ プルリエール ルーテシア クリオ カングー メガーヌ ラグナ ウインド トゥインゴ グランセニックユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン オートマチックトランスミッション