IMG_2376 車検整備で入庫中のルノーメガーヌ供

 走行距離6万kmを超えたということで今回同時にタイミングベルト関連(タイミングベルト、同テンショナ、同アイドラ、ドライブベルト、ウオーターポンプ)の交換です。




IMG_2375a ルノー系は、かなりの頻度で発生するタイミングアイドラプーリーのプラスチック割れ。砕ける前の交換でよかった〜(^_^;)
 ルノー車の多くは内部のベアリングが小さく、外周プラスチック部分だけで支えている範囲が広い。その為負担が大き過ぎなんでしょうね。割れます・・砕けます。今のとこ、メーカーにカ・イ・ゼ・ンの動きは無いようです(-_-;)

 最悪の場合、プラスチック破損で空中分解→タイミングベルトたるむor切れる→エンジン破損・・という事になり兼ねません。

 だからタイミングベルトだけでなく同時に一連の部品交換が必要となる訳なんです。

 よく「タイミングベルトが切れるから・・」なんていう言い方を私を含めプロも言ってしまいますがタイミングベルト自身が発端で切れるという割合は意外と少なく、その他の周辺パーツ(テンショナ、アイドラ、ウォータポンプ)の破損からタイミングベルト切れ(orコマ飛び)大事件の発生となる事が多いんです。

 いずれも大変重要なパーツ達です。少々高い交換費用になりますがエンジン破損となれば少々高いでは済まない修理費用が掛かってしまいますので交換時期はきちんと守ってくださいね。これはルノーだけの話ではありません。メーカー問わずタイミングベルト方式の車種全てに言える事です。
 交換時期は車両の使用条件、車種、エンジンにより異なりますのでご心配な方はお気軽にご相談ください。
ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン