車検場へ継続検査に向かったスタッフからいきなりエンジンが掛からないと緊急連絡・・
検査締め切り時間も迫っていた為、私も工具を抱えて現場へ向かいます・・
 現地ではなにせ普段見なれない車両が立ち往生している訳ですから検査ラインに並んでる
モータース屋のおッちゃん達の興味津々な熱い視線を浴びながらの点検です(汗汗汗

 えーと…もちろん、そんなこんなの状況で写真なんてありませぬ。

IMG_2667 その後、無事復活!車検も合格☆
帰還したランチアデルタ・エボ兇任瓦兇い泙后。。








IMG_2666 結局、原因は点火モジュールのカプラーの腐食による接触不良でスパークプラグから火が飛んでいなかったということでして・・
判ってしまえば「なんだぁ〜」的なお話。

ただ
タイムリミットあり
ギャラリーは大勢
小雨もパラパラ

少々焦りました(・。・;






IMG_2665 以前からですがデルタ・エボ系はこの点火モジュールの位置がボンネットの端角で雨が結構入って来るようでどうしてもカプラーピンが腐食し接触不良を起こし易いです。
 8バルブ、16バルブもエンジン系の重要なフューズが同じ位置となる訳ですが同様な環境ですのでカプラー部の腐食でエンジン不調を招くことがありますので全てのデルタがこの場所には要注意ってことですね。
ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン