IMG_3298 エアコンが冷えなくなる事(エアコンコンプレッサ作動せず)が時々あるという事で入庫のプジョー406クーペ。
 この症状がこれまた気まぐれで冷えない現象が出たかと思って点検を始めると正常に戻る→その後ロードテストを繰り返しても1週間以上も正常のまま→だからと一度お客様に納車→すると直後に現象が出るといった具合で実は今回再入庫。
(とにかく電気系は症状が現れた時点でないと原因を追い込めない面が多く基本項目を点検した上で現象待ちになってしまいます・・そんな時は私も少々モヤモヤが募ります・・)

IMG_3290 今回も預かって現象出てるなぁと思って工場に入れた瞬間、カチンッとコンプレッサーが正常に入る音(苦笑
 運良くその後は短い時間だけど数日に一回は症状が出たのでその瞬間を逃さず配線図をひとつひとつ追い込んでいくと・・ようやく原因を追い込める事が出来ました。。。その原因はBSIと呼ばれるボディコンピュータ。エアコン、エンジン、ミッション、ABS、パワーウインドウ、メーターパネルなどのコンピュータとデータを共有して相互通信して最も良い条件で各機能を作動させていく為の黒幕といってもよい存在がBSI・・すみません、説明が収集付かないことになりそうなので勝手に割愛(^_^;)

IMG_3291 BSI(ボディコンピュータ)交換後はBSI内部のデータを純正テスターで再設定します。同時にイグニッションキーのイモビライザー再登録もします。そうしないとエンジンも掛かりませんもので(^^ゞ
(検索用 故障 )ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン