IMG_1343 駐車場など極低速走行時、後方からキーキー異音がする時があるという事で入庫のフィアットムルティプラ。バックして行く時、特に音が大きいとのこと。
 他にも不安があるという事で同事にトータル点検実施。





IMG_3482a 点検してみるとサイドブレーキレバーはきちんと戻されているのですがブレーキキャリパー側が戻り切れていません(ブレーキ半効き状態)。
※(黄色線の)クリアランスがあるという事はサイドブレーキが引かれた状態ということになります。





IMG_3509a サイドブレーキレバーが戻されている時、本来クリアランス(黄色矢印)はゼロ。この様にストッパーに接します。







IMG_3516 原因はサイドブレーキワイヤーのアウターチューブからの水侵入による腐食。ワイヤーの動きが悪くなってました・・無残(-_-)
 これは相当激しい事例なのですが外見上変化がない場合でも内部の錆や経年で動きがスムースで無くなった場合同様な症状になります。
 ムルティプラは最近多発です。右ハンドル車のワイヤー取り回しに無理があるのも劣化に拍車を掛けてるのかも知れませんね。出来る限り無理の無い様に新品を取り付けます。  

 この様な状態を放置するとブレーキ加熱やブレーキパッド磨耗を早めますのでこの症状にピンと来た方、またはご不安な方は早急にご相談下さい。
 経年劣化から車種問わず成り得る可能性があります。特にイタリア系であるフィアット、アルファロメオ、ランチアは同パターンになり易いのでご注意を。
145 146 155 156 147 デルタ イプシロン パンダ プント グランデプント バルケッタ クーペフィアット  ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン