BlogPaint 車検整備中のプジョー206SW16V。

 以前からウインカーが出ない時があるということ、そして今回ウォッシャーが出ない(車検が受からない)ということもあり早速診断へ。
 すると一見関係なさそうな二つの故障は同じひとつのユニット内部に問題ありという事が判明。




IMG_4271その原因はコラムレバースイッチユニット(COM2000)の不良。今回は違いますがよくある症状はウインカーが戻ったら逆サイドのウインカーが一瞬出たという現象が典型的なこのユニットの不良です。206や307に意外と多い症状かも知れません。
 このユニットにはライト&ウインカーレバースイッチ、ワイパー&ウォッシャーレバースイッチが一体になっていて高価なユニット。ここは修理と行きたいところですが残念ながら一部非分解仕様。断念してユニット丸ごとの交換に。

IMG_4278 このユニットの制御は常にボディコンピュータ(BSI)とのCAN相互通信で機能を作動させるので交換後、純正テスターで各機能を設定。








IMG_4279 特にこの車両はABSにESP機能付きでしたのでステアリング舵角センサの校正も必要です(そうしないと警告灯も点きっ放し・・)。 
もう部品交換だけで完成〜なんて単純な時代は10年も前に終わってしまってたりするんですww
ユーロファクトリー、群馬
キャリブレーション 故障ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン