BlogPaint 車検整備で入庫の
 アルファロメオ156SWのJTS。









IMG_4400 今回は同時にタイミングベルトキット、ウオーターポンプ、ドライブベルト等の交換作業に入ります。









IMG_4399a すると、まだ生き残っていたのねって感じで旧タイプのドライブベルトテンショナー(写真左)が現れてきました。今回、改良された新タイプ(写真左)に交換します。

 違いは黄丸内でお判りのように旧タイプは元々隙間がありそれが関係してか経年劣化で軸が微妙にズレてキュルキュルとベルト鳴きを発生させてしまう事が多いんです。 過去にはズレが大きくなり過ぎてドライブベルトが脱落、破損してしまったケースもありました。
 145、155、147、156、GT、スパイダー、GTV・・などのTS系JTS系は全て同じ製品なので同様に発生の可能性ありです。

IMG_4415 そして新タイプへ変更で一件落着!と行かないのが、さすがイタリア(^_^;)

 新タイプと言いましたがこちらも隙間に挿入された白いプラスチックが磨り減って結局 時間が経つと軸がズレてベルト鳴き発生なんてケースが最近何台か出て来ちゃいました・・悲しいかな これから時と共に増えて来るかも(-.-)
 ベルト鳴きを感じたらまずはご相談下さい。
ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン