BlogPaint 冷間時ガラガラ、(感じ方は様々なのでカタカタ、コトコト)的な異音がエンジンルームから聞こえるという事で入庫のプジョー207。
 







IMG_4431 お決まりというか最近はもう一巡して下火になって来たという感じの症状なので少々おさらい気分で。
 原因はタイミングチェーンテンショナのヘタリで張力が保てずチェーンがたわんで周囲を叩いてしまう音なんです。






00076376a文章では解り難いのでご参考にこんな分解図。
タイミングチェーンテンショナ 癸隠















BlogPaint 左は今まで付いていたテンショナ、指で押せちゃいます。

 右は新品。凡人の指位では全く押せません。

 新品は対策品として供給されていますのでこれでご安心あれ。。。対策品としての識別は外からも見える丸い凹み(黄矢印)。

 初期モデルは3〜4万kmもすると異音が出てしまうことが多く、もう交換されている車両も多いかとは思いますが冷間時エンジン始動直後数秒から数分でも異音が聞こえる様でしたら早目にご相談ください。

 放置すると分解図癸犬發茲割れます。癸隠亜↓癸隠韻割れる事もあり(かなり深刻)→タイミングチェーンがたわみ過ぎ→バルブタイミングが制御し切れず→エンジン警告点灯→エンジンECUのフェールセーフ機能でエンジン吹けない(アクセルに連動しない)、といった深刻な故障に至る恐れがありますもので・・そうなると費用も高額になりますもので・・。
ユーロファクトリー評判 群馬 車検 ラテン 専門 修理工場 故障 修理 ディーラーユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン