飯塚様124スパイダー 014ATフルード交換でお預かりの
アバルト124スパイダー。

もちろん
6速オートマチックトランスミッションです。
マニュアル車が多いので念の為 (;´Д`)




a124スパイダー 008今回はお客様から念入りにATフルード交換をしたいとご提案がありオイルパン内部も清掃する事に。

オイルパンを剥がします。
黄色〇内が摩耗した鉄粉を吸着させるマグネットです。
(ちなみにストレーナ―はなぜか単品供給設定無く、すぐに手に入らなかったので省略してます。)


124スパイダー 010オイルパンの底のATフルードの汚れは濁りは少なく、チョット見は走行距離約1.5万劼竜離相応な焼けと劣化。









124スパイダー 0063つのマグネットは取り外し、お掃除・・










124スパイダー 009マグネットに吸着した鉄粉をウエスで拭うと
この通り。
このマグネットが実にいい仕事しています拍手

この車両の走行距離は約1.5万卍、新車から数千劼脇睇瑤離アや多板クラッチなどが馴染むまでの金属摩耗で鉄粉が多く産出されてしまう時期なんです。
お客様からのご提案頂いたオイルパン清掃実施は正解でしたね

124スパイダー 011今回は当店お奨めのオートマフルード A.S.H.(アッシュ)  FS  ATF を注入します。
非常に良質なATFです。

ちなみにこの車両も昔の様なレベルゲージは無くオートマフルードの湯量管理は油量調整用ドレンから排出して行います。
今回、油温管理が非常に重要なのでテスター診断機(写真撮影忘れ)で油温管理を行い油温数値を注視しながら規定油量に調整しました。完了〜。。。http://www.eurof.com/
ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 症状 トラブル テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン