ユーロファクトリー通信

........日々の現場作業、出来事、パーツ情報。それは常にメカニック目線で☆と行きたいとこですね。ただ作業並行の写真撮影は撮り損ね撮り忘れも多々あり肝心な箇所の写真が無かったりします....基本、毎日がドタバタです。文章力もビミョ〜だったりかと思いますが、お付き合い頂ければ幸いです <(_ _)> ...ユーロファクトリー店主浅見 2012.7.15〜

ルノー

イージーを3ペダルのマニュアルシフト化。。。ルノートゥインゴ

BlogPaint数か月のご無沙汰です。 
更新出来ないことでお客様にお気使い頂いてしまいホント恐縮です<(_ _)>お車の健康状態とお客様のご不安優先で何なりとお問い合わせください。

 さて今回は
セミオートマのルノートゥインゴ・イージー。
ギアが入らなくなる(クラッチが切れなくなる)症状でのご入庫。


IMG_4980 テスター診断と機能テスト、そしてパラメーター変化を調べていくとイージーハイドロリックユニットのポンプ内部抵抗値が過大になり作動停止→油圧低下→クラッチ切れず→ギア入らずということでポンプ本体を交換したいとこなんですが・・

(←ちなみにこちら年代モンのルノーテスターなので拝んどいてください。アルピーヌ系なんかこれでしか診断出来ない場合もありますもので)


IMG_4954 こちらがそのポンプを含むイージーハイドロリックユニット(解り難いですかねぇ・・)。内部構成部品は単体で部品供給が無いのでポンプのみの交換も出来ずユニット丸々の交換しかない・・ユニットはもちろんメチャ高い(-_-;)






IMG_4950☆ここは発想を変えてお客様とお打合せの上、2ペダルのイージーシステムを王道の3ペダルのマニュアルシフト化してしまう事に〜
パック化と言ったりもしますよね。







IMG_4964早速クラッチペダル関連をオーダーしてみたところ、なぜかルノージャポンが国内にクラッチペダルを在庫してる(@_@;) この前なんかデカングーのワイパーブレードすら国内在庫無しって状態に愕然としたのに・・それだけマニュアル化する需要ありなのかぁ・・などなど頭ぐるぐる@@

そんなこんなで運よく部品調達OKだったので作業開始。とにかく不要となるコ゛ミ?を取り外します。


IMG_4965イージーECUやセンサーのハーネス変更やペダル加工など一筋縄ではいかない事もモロモロありましたが、ミッションの上もスッキリ☆イージーユニットのハーネスが一つ残るのみ。

イージーユニット関連の取り外しだけでもフロントノーズがかなりの軽量化。走りに軽快感とハンドリングキビキビ感で思わぬGOODな副産物ありです☆



IMG_4971やっぱり3ペダルのこのたたずまいがシックリ来ますね♪

もうかなりのイージーがマニュアルシフト化され一時のブーム?は過ぎているかと思いますがイージーの方でお困りになる事ありましたらご相談下さい。
ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン easy

ルノースポーツのサンダルがwww

IMG_4518  ご無沙汰しております・・少々ヘトヘトなので小ネタでごまかします。 
 
  シューマートに子供の靴買いにお供したら目に突き刺ささって来ましたよルノーサンダル。でも・・群馬ではあまり突き刺さった奴はいないのか半額セールの叩き売り・・もち即買い!

まだ5足以上ありました・・どうぞシューマート伊勢崎店へ(^o^)/←同じ穴のむじな募集中〜

 エスニック調なソール面は・・気にしなーいw
 ルノーからきちんとライセンスもらってるのかぁ・・気にしなーいww、
 ん〜気にしないことにしてこの夏、夜の事務仕事はこれで行きます♪ ←外への普段使いするまでの勇気は無し(^_^;)
 次は安全靴も!ルノー様、よ・ろ・し・くお願いします<(_ _)>
 
 追伸
 アバルトなんかも あったらうれしいな・・
ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 軽井沢 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 修理工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断

エアコンフィルターは1万kmでも意外と汚れます・・ルノーメガーヌ3RS

BlogPaint 新車から丸3年を迎えて初めて車検を迎えたルノーメガーヌ3RS。

 まだ走行距離は約1万辧
 トラブルはなく、機関全て良好。。。
 定期的な油脂類の交換で車検整備完了。。。






IMG_4388それと1万劼箸呂い
エアコンフィルターは見た目以上にホコリを吸い込み詰まり気味・・

 左:新品
 右:約1万km使用品
( どちらも若干灰色に見えるのは活性炭の粒の色)





IMG_4389 ←ご覧の通り、土埃とみられる粒子がビッシリ・・
 エアコンフィルターは花粉も通り抜けられない様に目が細かいのでエンジンのエアフィルターに比べると目詰まりが非常に早いんです。

 メーカーの推奨交換時期も1万km毎。チョッと過剰なんじゃないかと私も思ってしまいますがこの1万kmソコソコでの目詰まり具合を見ていると、ふと・・フランスも農業大国、群馬のこの辺も郊外出れば田んぼと畑ばかり、意外と環境似てるのかも(^_^;)←チョッと図々しい・・
 それに加え、群馬の空っ風と最近は春の嵐も多いのでこの時期エアコンフィルターの汚れとつまりを確認してみる事もおすすめします。
 使用条件や周辺環境により埃のツマリ具合は大きく違います。お待ちの間に点検することも可能ですのでお申し付けください。
ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン

恒例。。。カングージャンボリー2014行ってきま〜す♪

kgj2014_20140314_main_b














明日は
山中湖でカングージャンボリーということは行くしかありません。。。
行かなければなりません!(ニヤ

BlogPaint ゴールデンウィークを仕事で全くスルーしてましたのでこれを機に家族サービス。と言いながら少々浮かれモード(^^ゞ
山中湖でキャンプもしちゃおうかと。。。

←こんな車両が出没しちゃうかも。。。

明日朝早いんで上がりまーす。。。

ユーロファクトリー

足回りリフレッシュ。。。ルノーカングー

BlogPaint10万劼鯆兇┐織襯痢璽ングーです。
サスのバタツキ、ブレーキング時のフロントの沈み込みが大きくなって来たということで、ここは足回りのリフレッシュ。初代カングーも10年選手ですからね。

 ビルシュタインと聞くとなんだか高そうですが純正補修交換を想定してるB4ショックは純正より格段に安く品質も良い。気分はラテンでもココは made in Germany に すがっちゃいましょ(笑


IMG_4189GOODな製品ですが地味です...

 カングーは背は高いのでショックのヘタリはコーナーで顕著。交換後はコーナーの挙動がビシッと決まって気持ちいい♪
 6万kmも超えた車両なら換えた時の満足度は十分です。。。




IMG_4188 リアも地味です...
でもいい仕事してくれますよぉ。

 フル乗車が多い人はリヤのヘタリ早いです。
 荷物載せっぱもヘタリ早いので要注意。それに燃費も下がりますしね・・と言いつつ私もアウトドア道具載せっぱでした(^_^;)




IMG_4184こちらも地味ですが
へタッたフロントのアッパーマウントの交換は乗り心地への満足度が高いので同時交換でフレッシュ。。。

検索用:足回り故障、異音、乗り心地、ユーロファクトリーユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン

衝突安全性ナンバー1はフランス・・だったのかぁ〜^_^;

年度末の3月突入ですね・・車検場でもある陸運支局がザワザワする季節です  
大雪で皆様色々ありましたよね・・鈑金塗装業者さんは未曾有の・・ということで大忙しです   
世間では消費税駆け込みで新車が・・とか言ってますね  
(残念ながら中古車にはあまり影響ありませーん) とはいえ整備では重整備が目白押し・・
    
チョコッとコーヒーブレイクしませんか( ^^) _U~~

各国の衝突安全性を検証しています。
是非ご覧あれ。。。
 

ドイツ代表:ソーセージ君〜
日本代表:のり巻君〜
スエーデン代表:2×6用高断熱建材?君〜(硬いだけって言いたいんでしょうか?笑)

そして最後にフランスはルノー代表:フランスパン君 登場〜ってことなんですかね(^_^;)・・・完。

ルノーのAT警告点灯、3速固定の故障事例・・ルノーカングー、ルーテシア

IMG_2456 最近、カングー、ルーテシアとルノーのAT故障が続いたのでご紹介。
 いつもプジョー/シトロエン系の話として取り上げてますがルノーも基本共通です(というか開発はルノーが主導したとわかってしまうほど昔からあるルノーのATに内部はソックリだったりするんです)
 それはさておき、まずはカングー。週一位、ドンというショックと共にAT警告灯点灯、その後3速固定になってしまい加速が鈍くなってしまうという症状。

IMG_2699 原因は最近お決まりと言ってもいいほど定番になってしまったオートマ内部の油圧制御不良ということで悪の根源ATソレノイドバルブを交換して修理完了〜
 詳細はこちらの記事もご参考にどうぞ AT警告表示で3速固定になる故障についての事例:プジョー/シトロエンAL4,ルノーDP0




BlogPaint こちらのルーテシアは減速して停車寸前の2→1速へのシフトダウンの際、大きいショックがありその後AT警告灯点灯。すると次の発進時は3速固定になってしまい、やはり加速が鈍くなるという症状。






IMG_3420 こちらもお決まりのオートマ内部の油圧制御不良ということで同じくATソレノイドバルブを交換して修理完了〜。  詳細は・・以下同文ってな感じです。
(でもAT関連全ての故障がこのATソレノイドバルブで直るという訳ではないのでその辺勘違いしないでくださいね。原因は多岐に及びます。きちんとした詳細な診断はもちろん必要です。)



IMG_3416 今回の原因と直接関係あるかわかりませんがルーテシアの作業中に気付きました・・ATオイルパンにあるはずの鉄粉を集める磁石が付いてない(@_@)・・フランス人の付け忘れ?かもですね(苦笑
実は今回だけじゃない前もこんなことあったなぁ・・(苦笑×2




BlogPaint 磁石はAT内部の磨耗で発生する鉄粉がATフルード内を浮遊して悪影響を及ぼさない様、吸着させる重要な役目をしています。だから今回の故障に全く関係無かったとは言えない面もあります。
 本来このように2個付いてるはずなんです。今回は純正モノより強力なタイプを取り付けて組み付けました。これで安心ですね。
ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン オートマチックトランスミッションユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン

エンジン脱着せずタイミングベルト交換は出来ます。。。ルノークリオV6

IMG_3325a 1年点検とタイミングベルト交換で入庫のルノークリオV6。後期型のこの顔、少ないです。

 よくある質問なのでこれを機にご紹介。
 それは「クリオV6のタイミングベルト交換はエンジン降ろさないと出来ないんですよね」といったお尋ねを意外なほどよくお聞きします。車両がスペシャルなだけに何か特別な作業工程になると思われている様なんです。

IMG_3323  実は今回のお客様も「ネットで色々調べたけど皆エンジン降ろしてやってる様だったんで作業的に大変なんですよねぇ」と何か心配なご様子。
 エンジン降ろす(脱着)=高額というイメージかららしいのですがエンジン脱着しないで作業出来る事をお伝えし安心して頂きました。




IMG_3337 作業的にはミッドシップレイアウトでかなりやり難い面はありますが特別な作業という訳ではないんです。日々のラテン車三昧で特別慣れしちゃってるって話もありますけどね(^^ゞ 
 知恵の輪状態のエンジンマウントのブラケットを外すテクは必要ですがエンジンを降ろさなくてもタイミングベルト関連の交換は出来ます。確かにクリアランスは狭いですが何とかなります。 首、背筋、そして腕の筋トレにもなっちゃったりします(苦笑


IMG_3340 タイミングベルト、テンショナー、アイドラー、クランクプーリーを新品に交換します。








IMG_3339  こんな時しか作業出来ないのでウォーターポンプも交換します。








IMG_3361 完。
ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン

エンジン振動が車内に伝わる・・ルノーカングー

IMG_3140 今日はお仕事ではありません。
久々のお休み。。。でも
父ちゃんはそう休んでいる訳には行きません。
早朝から我が家のカングー君の整備です。

エンジンオイル交換して〜
ATフルード交換して〜
ワイパーブレード交換して〜


IMG_3139 そして本日のメインイベント〜
そんな大げさなものではないのですが・・(^^ゞ

 最近エンジンの振動が少々大きくなって来ました。特にDレンジでは車内に大きく感じるようになって来てしまいました。
 なかなか時間が無くて手が付けらなかったのですが、ようやくエンジンマウントの交換です。


IMG_3138 現在11万km越えの車両だけに15mm以上もヘタって下がってました。これではゴムも弾力性を失いダイレクトに振動をボディに伝えてしまうという訳なんです。ヘタリ過ぎて手前のストッパーと同じ高さになってました・・恐縮です^_^;

右:新品
左:取り外し品


IMG_3141 エンジンマウントの付け根も切れ始めてもいましたが辛うじてまだ剥離までには至ってませんでした。
 パターンとしてはヘタリよりも剥離が先に起きてしまう車両が多いですね。アクセルON−OFFでショックが大きくなったかなぁって感じた場合は剥離の可能性大ですね。

 おぅーと、タイムリミット
仮面ライダーが終わるまでに帰らなければ・・ではでは(^^ゞ
ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン

タイミングベルトアイドラプーリー破損、危うく大事件に・・ルーテシアRS

IMGP0014 エンジンルームからカラカラ音がするということで入庫のルーテシアRS。

 音源からして・・まさかッと思いつつタイミングベルト周辺を点検の為取り外してみると・・(タイベル関連作業となるとバンパーやヘッドライトを外さなければならないRSなのであります…少々大変)



 IMGP0012 タイミングベルトカバーを外すと床に落ちてきましたよ・・こんなモノ・・








IMGP0025本来は右の様な姿なんです。
お見事な竹割り!て感じの破損です(-_-;)

おかげで外周が小さくなった為、緩んだタイミングベルトがたわんでパタパタ唸ってもいました。破片を巻き込んでタイミングベルトが切れたりズレたりしなかったのが奇跡的な状況でした。異音発生ですぐにご入庫頂いて大事に至らなくってよかったよかった。

ルノーは時折こんな事があるから恐ろしい・・だから早め早めの対処ですね。タイミングベルトの注意点は以前のメガーヌの記事もご参考にどうぞ。ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン
最新記事
最新コメント
livedoor プロフィール
休業日
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ