ユーロファクトリー通信

........日々の現場作業、出来事、パーツ情報。それは常にメカニック目線で☆と行きたいとこですね。ただ作業並行の写真撮影は撮り損ね撮り忘れも多々あり肝心な箇所の写真が無かったりします....基本、毎日がドタバタです。更新されずに放置の時は工場内にこもってると思ってください(笑。文章力もビミョ〜だったりかと思いますが、お付き合い頂ければ幸いです <(_ _)> ...ユーロファクトリー店主浅見 2012.7.15〜

プジョー

プジョー308BlueHDi アドブルー残量あるのに警告表示

2022-02-25















同記事掲載 https://eurofactoy.business.site/posts/7208463229580529441?hl=ja

プジョー308BlueHDiのトータル点検を含めたテスター診断です。
ディーゼルの排ガス浄化として使われるアドブルーの警告点灯です。
テスター診断し、一時的な入力履歴と判明しました。
現在は正常化してますので原因の確定まで絞り切れませんでしたが
過去のエラーは消去し今回は経過観察という事で納車しました。

ちなみに今後同一エラーが再度入力する様であればアドブルーポンプ不良の可能性を含め
再診断してその先を追及します。


このようにテスター診断や故障原因追及をはじめ
車検・トータル点検・オイル交換やタイヤ交換など日頃のメンテナンスのご依頼はメールでもお電話でもお気軽にどうぞ。。。
お問い合わせメール:info@eurofactory.co.jp
公式ホームページ:http://www.eurof.com/
整備と詳細な情報ブログ:http://eurofactory.blog.jp/
最新情報ツイッター:https://twitter.com/eurofactory/
#群馬 #埼玉 #栃木 #長野 #新潟 #車検 #修理 #メンテナンス #ラテン車 #イタリア車 #フランス車 #専門 #整備工場 #ディーラー 故障 #不具合 #症状 #トラブル #テスター診断 #フィアット車検群馬 #ランチア車検群馬 #アバルト車検群馬 #アルファロメオ車検群馬 #マセラティ #ルノー車検群馬 #プジョー車検群馬 #シトロエン車検群馬 #ユーロファクトリー評判

スパルコTERRAホイールを新調・・プジョー206RC

IMG_0259プジョー206RCにスパルコのアルミホイール「TERRA」を取付ました。製造はOZ レーシングという事で品質は折り紙付きです。
ラリーな雰囲気は206が参戦していた往年のWRCを彷彿させますね♬意外に安価なのも魅力です。





IMG_0258
アルミホイールのセレクトの際はオフセット量によってフェンダーとの納まり具合で格好よく決まるか決まらないか、ブレーキキャリパーとの干渉で適合するかしないか、またはホイールボルトの長さが適切か、など専門的な知識が案外必要とされたりしますのでその際は是非ご相談ください。





この様にアルミホールをはじめアフターパーツについてもお任せです。
また普段の車検・トータル点検・オイル交換やタイヤ交換など日頃のメンテナンスのご依頼はメールでもお電話でもお気軽にどうぞ。。。
お問い合わせメール:info@eurofactory.co.jp
公式ホームページ:http://www.eurof.com/
整備と詳細な情報ブログ:http://eurofactory.blog.jp/
最新情報ツイッター:https://twitter.com/eurofactory/
群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 症状 トラブル テスター診断 フィアット車検群馬 ランチア車検群馬 アバルト車検群馬 アルファロメオ車検群馬 マセラティ ルノー車検群馬 プジョー車検群馬 シトロエン車検群馬 ユーロファクトリー評判

エアコンの風が出ない・・その原因は? プジョー308僑咤

IMG_0053エアコンの風が出ないという事で入庫のプジョー308僑咤廖

テスター診断も実施しましたがエアコンシステムに過去のエラーは無し。

ひとつひとつブロアファンシステムの点検する事に。電源系統の供給も正常、新車から3年少ししか経ってないけどまさかまさか・・と点検を進めると


IMG_0051a余りある事ではないですが結局ブロアファンユニット本体のモーター不良でした。
左が新品、右が不良品。

余談ですがこのブロアファンユニットの取り外しが知恵の輪状態で理解出来るまで悪戦苦闘・・途中の分解写真撮る余裕まるで無し(*_*)
http://www.eurof.com/
群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 症状 トラブル テスター診断 フィアット車検群馬 ランチア車検群馬 アバルト車検群馬 アルファロメオ車検群馬 マセラティ ルノー車検群馬 プジョー車検群馬 シトロエン車検群馬 ユーロファクトリー評判

プジョー208をエンジンコンピュータチューンでパワーアップ!

新村様208 0022020年モデルののプジョー208僑韮團薀ぅ
型式3BA-P21HN05、ちなみATです。

お客様からパワーアップのご希望でエンジンコンピュータチューニングさせて頂きました。







uuu今回使用したチューニングデータはデジタルスピード
比較的リーズナブルな価格で実績十分です。




新村様208 001今回の車種はエンジンECUを取り外しメーカーに送りパワーアップデータに書き換えられたECUを元に戻します。(数日お預かりさせて頂く事になります)








デジタルスピード プジョー208HN05一番気になるパワーアップデータは
なんと 100ps → 150ps☆☆☆
メーカー公表データ
←詳細クリック拡大




これだけパワーアップするとジャジャ馬で乗り難いイメージあるかも知れませんが
それが意外や意外、非常に乗り易く、そして速い。ATとのマッチングも良いです。
全域のトルクアップによるところが大きいからなのでしょうね。
アクセルを軽く踏んでもスーッとスピードに乗ってしまう、思わずスピード出てしまう。
これなら多分燃費も良くなる事でしょう。。。いい気になって余計に回さなければですが・・

フィーリングは全く持って上品、上質・・決してお世辞ではありません(*^。^*)
ま、新型208がこのパワーアップに耐えられる車体剛性と足回りのポテンシャルを持ったという事なのかも知れませんね。
たわむ車体と猫足の組み合わせが絶妙だったプジョー時代を知る者として歴史を振り返ると・・思わず遠い目→(*_*)
http://www.eurof.com/
群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 症状 トラブル テスター診断 フィアット車検群馬 ランチア車検群馬 アバルト車検群馬 アルファロメオ車検群馬 マセラティ ルノー車検群馬 プジョー車検群馬 シトロエン車検群馬 ユーロファクトリー評判



エンジンルームよりカタカタ音・・プジョー208GTI

IMG_0692エンジンルームからカタカタ、バタバタ異音が出ているという事で入庫のプジョー208GTI。

連続して異音が響き渡ります。
結構、音大きいです・・






IMG_0675リフトアップして点検してみると
ウォーターポンプのプのゴムローラーが剥離してプーリーの金属部分が見えてます。

ちなみに同じ機構も持つ車両は多く
プジョーは207、208、308、508、3008、5008など・・エンジン5F系
シトロエンもC3、C4、C4ピカソ、C5、DS3、DS4、DS5など・・エンジン5F系



IMG_0694プーリーを外してみたところです。右は新品。
剥離してない部分もヒビ割れがかなり始まってます。

この部分(黄〇内)、意外と寿命が短く早期にヒビ割れが始まりますので注意が必要ですね☆
このローラー部分がグリップしてウォーターポンプを駆動している訳で非常に重要な部分になりますので定期点検や車検整備の際は必ず状態を確認しています。。。http://www.eurof.com/
群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 症状 トラブル テスター診断 フィアット車検群馬 ランチア車検群馬 アバルト車検群馬 アルファロメオ車検群馬 マセラティ ルノー車検群馬 プジョー車検群馬 シトロエン車検群馬 ユーロファクトリー評判

警告ディスプレイ表示・・プジョーRCZ

IMG_0065プジョーRCZが緊急ピットイン。

走行中にメーターパネルのディスプレイに警告表示点灯。
お客様も急な表示に驚かれたようです。
でも走行していて表面的な異常は感じなかったという事で自走してご来店頂きました。





IMG_0067 デイスプレイの内容は
「 Battery charge or electrical supply faulty 」

こんな時はプジョーの純正テスターを使った診断&原因追究で電子部品の不具合を突き止めます。







IMG_0064判明した今回の原因は
バッテリー供給の保護管理制御ユニット(黄色円内)の不良で正確な電源の分配が出来なくなってしまった様です。


実はこのユニット、IC基板を搭載し
ボディコンピュータと相互通信をしてバッテリーの電源分配を細かく制御しています。
普段から余分な待機電力消費を抑えたり、電圧が下がった場合には重要な機能に優先して電源供給したり、逆に重要でない機能は電源カットしたりと意外
と複雑な制御をしています。

お客様へは詳細なご説明をした上で交換し先日納車となりました。これで安心ですね。。。
http://www.eurof.com/ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 症状 トラブル テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン

赤丸急上昇中のクーラント漏れ・・プジョー&シトロエン

IMG_3119クーラント漏れで入庫のプジョー207。

今回のクーラント漏れについてにはエンジン構造が同様な1.6Lターボ系のプジョー208、308、508、5008、シトロエンC4・ピカソ、C5、DS3、DS4、DS5なども経年劣化から同じ事が今後多発しそうな予感がしますのでご参考にどうぞ。
ちなみにこの車両は2009(H21)年、走行距離62,000kmほどです。

山本様クーラント漏れ 

今回漏れが発覚した3箇所の展開イラスト。

まずはお決まりのサーモスタット(水色内)
これは以前の記事でご紹介。












IMG_3085最近はそれに加え年月、走行距離の経過と共に
バイパスパイプ(黄内)のプラスチックが欠けてます。
もう触っただけでプラがポロポロと崩れ落ちます。
今回はここがメインのクーラント漏れでした。







IMG_2196こちらは判り難いですが供給ホースのジョイント(赤内)のOリング劣化からのクーラント漏れ。

最近はこの2点の交換がお決まりコース赤丸上急上昇中です・・(苦笑






ウォーターポンプシャフト漏れ(今回のおまけ)
これらの漏れすべての交換修理が終わりOK完成!と思ったら、あれれ・・ウォーターポンプのシャフト部から新たな漏れが・・(涙
冷却圧力が正常化した事で劣化で弱り掛かってはいたが絶妙なバランスでなんとか決壊を踏み止まっていた、こういう箇所を一気に表面化させてしまったりするものなんです・・終わらない外車修理の常ってやつですかね(ノД`)
その辺お客様にはご了承頂きウォーターポンプも交換となりました。ご理解頂き有難う御座います。
http://www.eurof.com/ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 症状 トラブル テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン

中古車ストック:プジョー207SW GTi 5MT 決算値下げ

決算期に付き、値下げしました。
これを機会にぜひ!

ともかく2年しか販売してなかったGTi5速MT、
希少車両です。

現車見に来てくださーい。。。

プジョー 207 SW 
 GTi
売約御礼〜 有難う御座います!


2009年
車検取得渡し
走行距離40,000km
ガンメタリック
右ハンドル
5速MT
黒レザーシート
パノラマルーフ
ナビゲーションシステム
バックソナー
ETC
禁煙
http://www.eurof.com/

※各写真はクリックで拡大写真になります。
IMG_2199IMG_2201IMG_2197IMG_2202IMG_2209IMG_2208IMG_2206IMG_2205IMG_2207IMG_2204IMG_2211IMG_2214
ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 症状 トラブル テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン

クーラント警告サーモスタットからの漏れ・・シトロエンDS4

ご無沙汰してしまいました・・
これから少しずつでもブログ更新出来ればと思います。
まずは第一弾☆ かる〜くで行きますね。。。

IMG_1853
クーラントの警告がデイスプレイに出たという事でご来店のシトロエンDS4。

ちなみにDS4でも年式やグレードによりクーラントレベルセンサーの装備が無くクーラントタンクが空になっても警告表示が出ない車種がありますのでそこは要注意。





IMG_1856最近同型エンジンから多発しているサーモスタットからのクーラント漏れという事で交換しました。

プジョーシトロエンの車種問わず同型エンジンは要注意です。






IMG_1855今回はのサーモスタット溶着部に亀裂が入ってました。
コストダウンの為か従来のアルミ製からプラスチックになった事もあり熱と経年劣化で歪んだり、溶着面が剥離したり亀裂が入ったりと問題ありありです。

クーラントの減りが早い車両はこのサーモスタット周辺からの漏れを疑った方がいいですね。漏れる箇所がエンジンの奥の奥なのでなかなか発見されないで放置されている車両も多いようです。放置が続くと漏れが酷くなりヒーターが効かなくなったなんて事も・・
ご心配な方は是非点検を。
http://www.eurof.com/ ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 症状 トラブル テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン

中古車ストック:プジョー207SW

道具として、この207SWはなかなか使えます。
コンパクトですが荷室が広い、後席も意外とゆったり。
シートは長距離でも疲れない。
高速クルージングは安定していてリラックス。ストレス無し。
出足も良い。ここでもストレス無し。
ABS−ESPにより何も考えずコーナーを楽しくうまく曲がれます。
運転下手でも・・←ん、これ余計でした(=_=)
デザインも地味な現行プジョー達より俄然ラテンです。
ボディカラーも希少な明るいラテンカラー

これを道具として使い倒す!
そんな使い方が様になるSW、粋ですね♪

追伸
これといった不具合も無い、ラテン車初心者にも手放しで
おすすめ出来る普通に良いクルマってやつですね。
タイミングベルトも使ってないので交換の心配もありません。

 プジョー 207 SW
 
売約御礼〜 有難う御座います! 


2009年
車検取得渡し
走行距離55,700km
ブルーM
右ハンドル
4速AT
パノラマルーフ
ナビゲーションシステム
ETC
禁煙
2オーナー車両
http://www.eurof.com/

※各写真はクリックで拡大写真になります。
s-IMG_1929s-IMG_1928s-IMG_1931s-IMG_1933s-IMG_1942s-IMG_1938s-IMG_1940s-IMG_1937s-IMG_1935s-IMG_1946s-IMG_1949s-IMG_1948
最新記事
最新コメント
livedoor プロフィール

ユーロファクトリー

群馬県前橋市にあるイタリア&フランス車専門の認証整備工場です。

車検・修理・メンテナンスのご依頼・お問合せは
お気軽にどうぞ。

当店の詳細は下記へ。
http://www.eurof.com

休業日
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ