ユーロファクトリー通信

........日々の現場作業、出来事、パーツ情報。それは常にメカニック目線で☆と行きたいとこですね。ただ作業並行の写真撮影は撮り損ね撮り忘れも多々あり肝心な箇所の写真が無かったりします....基本、毎日がドタバタです。文章力もビミョ〜だったりかと思いますが、お付き合い頂ければ幸いです <(_ _)> ...ユーロファクトリー店主浅見 2012.7.15〜

シトロエン

一晩で車高が下がってしまう・・・シトロエンC4ピカソ

BlogPaint 一晩で車高が下がってしまうという事で入庫のシトロエンC4ピカソ。









IMG_4597 通常これくらいの車高が・・・










IMG_4596 一晩でベタッとこんな感じ...










IMG_4564 ご存知の方も多いと思いますがピカソのリアサスはエアサスペンション。
 風船のような空気の容器を膨らませて車高を保持、コントロールしています。
 簡単な点検法〜 そのエアサス容器に石鹸水をスプレーしてみると早速ジワジワと染み出すように白く泡が発生、空気漏れしてるのが一目瞭然。。。やはり走行時一番伸び縮みする箇所から劣化して漏れ出すことが多いですね。


IMG_4594 という事でエアサス交換。
 経験的に5年5万kmを過ぎて来ると多くの車両が抜け始めてくる様な感じでしょうか。定期交換部品といったとこですね。
ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン

冠水した道路は走行しないでください!・・オートマミッショントラブル編

 また冠水ネタかよと思われてしまいそうですね。でもこれだけ注意喚起しても毎年のようにトラブル発生車両が出てしまいますのでお伝えしておきますね。今回はオートマミッショントラブル編です。

BlogPaint
 オートマのDレンジでエンジン回転上げても前進しない時がある(1速へつながらない)、その後大きなショックと共に発進する。または停車すると遅れて大きなショック(一速へシフトダウン)があるという事で入庫のプジョー206。

 ATの警告灯表示は点かず、テスター診断でもエラー入力無し。診断を進めると、どうも電子制御系ではなくメカニカル的な故障の可能性に限定されて来たところでピーンと頭に浮かぶ事が・・・まさかと思いお客様に早速TEL。
すると前日10cm近く冠水した道路を低速ではあったが走行したとのこと・・やっぱりでしたか(/_;)
年に1人はお客様に犠牲者が・・今回もなのか


IMG_4571 そこでまずはATフルードを抜いてみましたがハッキリ水侵入と言い切れる痕跡は発見出来ず。(もちろんこの時点で簡単に判別出来る場合は相当なダメージで全く前進出来ないほど症状が悪化していることが多いです)







IMG_4572 次に一番見極めがつき易いATオイルパンを剥がしてみると画像で判別頂けるかどうかですがATフルードが白く乳化していることがわかります。やはり水が浸入したことが判明。








kf23f08aa 水の侵入は僅かかも知れませんがオートマの内部には湿式(オイルに漬かる)多板クラッチがありこの間に水分が少しでも混入するとめっぽう弱いんです。クラッチはつながる際、高い摩擦熱を発生、油なら何でもない許容温度でも水分は簡単に沸騰なんて訳で。

 今回の修理方法はミッション内部の水分を排出する為、そしてクラッチプレートの間に潜んでいる水分までも排除する為ATフルードを排出交換し入念な試運転をすることを1セットとして3回繰り返しました。これで症状は改善しました。それでもクラッチプレートの奥に潜んだ水分は意外にしつこいので念の為3000km走行後、もう一度ATフルード交換する事をおすすめしました。

 今回はうまく改善しましたが水分侵入が大量だったり、そのまま放置する時間が長かったりするとATの生還率は下がってしまいます。もちろん冠水道路に立ち入らないことが一番、でもそうなってしまった場合は適切なご対応を。そして不安な場合は早急にご相談を。


kf22b30aa 今回の状況は冠水した道路に入って押し寄せた雨水をミッションが防波堤の様になり波が盛り上がってミッション上部へ到着、赤丸裏のエア抜きバルブから水が浸入した事が考えられます。
 皆さん、10cmくらいの冠水では考え難いと思いませんでしたか?・・私もそこまで行かないでしょ と思っていたのですが、こう何台も犠牲車が出るとあの震災の時感じた様に狭まったところへの波の到達力は凄いみたいなんです。

 AL4、AT6といったATを搭載するプジョー206、207、306、307、308、406、シトロエンC3、C4、C5、エグザンティアなどは特にご注意ください。もちろんその他のATミッションも油断はできません。
マニュアルミッション車両だって同様に水は侵入します。ご注意を。

 もちろんエンジンも同様です!ミッション以上に簡単に水侵入、そしてエンジン破損となりますのでゲリラ豪雨が多い昨今、絶対に冠水した道路には入らないでください。
 ご参考までに過去の事例:冠水した道路を走行しないでください!・・エンジントラブル編
ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 軽井沢 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 ルノー アルファロメオ フィアット アバルト ランチア マセラティ検索用:AT 故障 プジョー シトロエン ルノー AL4 AT6  4HP20 DP0 DPO 206 207 208 306 307 308 406 407 C3 C4 C5 DS3 DS4 DS5 エグザンティア ピカソ プルリエール ルーテシア クリオ カングー メガーヌ ラグナ ウインド トゥインゴ グランセニックユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン オートマチックトランスミッション

ホイールロックボルトソケットを失くすと大変・・プジョー&シトロエン

BlogPaint 車検整備で入庫のプジョー207GT。

 以前からのお話でスリップサイン露出でスタンバッていたタイヤ交換からと呑気に記念撮影。。。
 (「最近コンチネンタルがいーんです」なんて話でも書いちゃおうかなぁ・・なんて思いながら)





IMG_4424そして、いざホイールを外そうとするとロックボルトソケットが無い・・(画像は参考のため別車両のソケット)

お客様に速攻でTEL・・かなり前から見当たらないとの事(-_-;)

 車検満了日は数日に迫る・・適合する専用ソケットを本国オーダーして待つ時間は無い・・さあどうするか・・

IMG_4423 お客様とのお打合せの結果、ロックボルトはやめて普通の17佻山册のホイールボルトに変更する事に。破壊許可を頂きドリルで穴を開けスタッドピンを打ち込みリカバリー作戦成功^ ^

 今回はリカバリー出来るような工具がある場所だったので何とかなりましたが万が一、出先でパンク、そしてスペアタイヤへ付け替えなんてシチュエーションになった時は かなり泣ける状況かも知れません。

 プジョー&シトロエンのオーナー様、ロックボルトを失くさない事は もちろん、そして一度お車のどこに積み込んでるかのご確認をおすすめします。なぜかというと当店へのご来店でよくあるケース「家に置いて来たぁ」とか、タイヤ屋さんや車屋さん任せでロックボルトになっている事もお知りでなかったり、もちろんどこに積んでるかなんて全くわからない方も多々いらっしゃいますもので。

では・・コンチネンタルタイヤのお話もいつの日か・・
ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン

LDSオイルの交換時期は・・シトロエンC5ツアラー

BlogPaint 車検整備で入庫のシトロエンC5ツアラー。

 シトロエン独自のハイドロシステムもこの一車種になっちゃいましたね・・イイ脚なんですけどねぇ〜

 ハイドロを使ったシトロエンは故障の塊なんて思われた時期もありましたが最近は非常に精度が上がったもんで車検整備もスムーズ〜定期的な消耗品交換のみで完了〜!


IMG_4341エアコンフィルター交換
エンジンオイル&オイルエレメント交換
バッテリー交換、クーラント交換
ブレーキフルード交換
そしてハイドロの血液とも言える LDSオイル交換。
以前の鉱物系LHMオイルからLDSオイルになって化学合成化されたことで無交換だと勘違いしている方もいらっしゃいますが放置すると劣化で各ジョイント部のオイル漏れを助長しますので4〜5年に一度は交換したいものですね。
ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン

エアコンON〜助手席涼し〜ぃ運転席熱風、その原因は・・プジョー307SW

BlogPaint  30℃を超えようかという日、エアコンONで運転席側の吹き出し口は熱風、助手席側はきちんと冷えるという事で入庫のプジョー307SW。12ヵ月点検も同時進行。フェリーヌ







IMG_4304 307のオートエアコンは左右個別に温度設定が出来ます。症状は同じ温度設定にしても左右で大きく温度が違うというか外気が30℃を超えようというのに運転席からは熱風が出て来てしまいます(汗







BlogPaint 診断していくと吹出し温度を細かく制御する運転席側用のミクスチャーフラップギヤが凸部破損で一箇所無くなっていてモーターが空回り。








IMG_4289実はリペアキットが用意されていたりします。(これが無いとダッシュボード外して、エアコンユニットも外して→それを分解して→内部のフラップと一体のギアを交換するなんて羽目に)

そのリペアキットの考え方がなかなか面白い。新しいギアを損傷したギアに被せ・・




IMG_4291高さが変わった分を補う台座を取り付け・・










IMG_4295 その上にミクスチャーフラップモーターを取り付けるといった具合です。

 本来エアコンユニット脱着する羽目になる修理なので比較的簡単に修理完了でお客様としても費用的に安堵といったとこですね。

 お気付きになりました?察しの付く方はお判りかと思います。リペアキットが用意されているという事は・・・・はい、そうなんです(-.-)よくあるパターンということになっちゃいますね。シトロエンC4も全く同じシステムなので基本同様な発生頻度です(涙

ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエンユーロファクトリー 群馬  AC 故障 効き悪いプジョー シトロエン 専門 修理 車検

今週のハイライト!? ピ、ピ、ピストンが(T_T)・・シトロエンDS3レーシング

BlogPaint まだ真新しいDS3レーシング。エンジン振動とエンジン警告点灯ということでレッカー入庫。

どうも一発死んでいる・・
診断を進めると・・〜中略〜・・4番の圧縮がない(T_T)
4番スパークプラグはオイルまみれ・・これは何か重大なことが起きていると判断、お客様とお打合せの上エンジンヘッド降ろし作業へ。


IMG_4204 ヘッド降ろすとヘッドの燃焼室4番だけオイルまみれ・・

脱着前、圧縮抜けの原因と推測していたバルブの傘落ちでは無かったかぁ〜と思いつつ






IMG_4238バルブを外し、ステムシールを確認、オイルがダダ漏れになるほどの要因も無し









IMG_4216ヘッド面も問題無し










IMG_4212ヘッドガスケットにも問題無し










BlogPaintとなると今度は腰下に着目していくと・・

画像では判り難いけど4番シリンダーにザラ付いた傷発見、嫌な予感・・







IMG_4220オイルパンをはがして腰下の分解に入り
4番ピストンを抜き取る・・アチャー(/_;)


つづく ...
ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン

サーモスタットが内部崩壊、その原因は・・プジョー206CC

BlogPaint 定期点検整備で入庫のプジョー206CC。
 サーモハウジングからクーラント漏れがかなりだったので脱着してシーリングしようかと作業をたんたんと始めると・・






IMGP0001 サーモスタットの弁とスプリングが漫画のように飛び出してきました。ボヨヨォ〜ンとね(^_^;) 
 スプリングを縮めた最後の留めのストッパーはプラスチック製なのですが経年劣化で耐え切れなかったようですね。新品(写真右)見てもなんだか頼りない感じ・・
 206最終型は軽量化なのかコストダウンなのかハウジングがアルミ製からプラスチック製に変更され、なんだか良い方向に行って無い気がしちゃいます。
 2005年以降のNFUという1600ccエンジンのプジョー&シトロエンは206に限らずこれから経年劣化と共にこれから多発しそうな予感。
 症状的に表れるとしたら内部で弁がズレるとオーバークール気味になる可能性があります。去年より水温計の上りが悪いなぁなんて感じたら燃費や燃焼に悪影響が出ますのでお気軽にご相談下さい。
ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン

センター穴無しホイールのウエイトバランス調整は・・シトロエンC3プルリエール

IMG_3437 シトロエンC3プルリエールのタイヤ交換。
女性オーナー様ということもあり快適性と雨の日の安心感をということでミシュランのエナジーセイバープラスをチョイスさせて頂きました。






IMG_3438 ここからが本題。
 タイヤ組換えのあとは、ホイールのバランス測定・調整となる訳ですがプルリエールの純正アルミホイールは一見センターキャップが脱着出来そうなんだけど・・なんと





IMG_3439 実は裏から見るとこんな感じ。
 表からキャップを外せたとしても一体成型のアルミが塞いでいてアレレなわけです。このおフランスな発想に世の中のタイヤ屋さんも相当面食らっちゃうらしいですね。私も初めての時ビックリ(^_^;)





IMG_3442 なぜかというと通常ホイールバランサーでは突き出したシャフトを貫通させてホイールウエイトバランスを測定・調整するんです。世の中ほとんどのホイールがこの方法。これで対応出来ないのはプジョーとシトロエンのそれも一部の純正ホイールのみと言ってもよいほどなんです。




IMG_3445 そこで、ジャジャーン。。。これがセンター穴無しホイール対応のアダプター。
これを装着しホイールバランス調整をします。

 なんでこんなに大げさに言うかというと・・このアダプターがメチャクチャ高ーい!!!導入当時迷いに迷った清水買いだったんで自慢したかったんです・・ただそれだけです恐縮です(^^ゞ


IMG_3443 こんな感じで装着し測定GO!

 プジョーやシトロエンの純正ホイールは時々センター穴無しホイール仕様の車両があります。そんな時もノープロブレム〜♪ お任せください。
 ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン

急にパワーが無い、警告灯も点灯...プジョー407

IMG_3115 長時間走行していると加速が鈍くなり、警告音と警告灯が点灯するという事で入庫のプジョー407のV6モデル。

 近所のロードテストでは全く正常。暑い日に1時間以上ロードテストしてみると症状出ました出ました。。。V6エンジンが燃焼不良を起こしているようで振動も大きいくパワーも低下、何気筒か死んでる様子。そしてエンジン警告点灯。

IMG_2949 テスター診断してみると
あまり当てにならないエラーがこんなにいっぱい・・・


 





IMG_3116 結果から先にお話するとエンジンルームのフューズブロック(フューズとリレー、そしてトランジスタ制御の集合体)が原因でした。このユニット不良でエンジンコンピュータのフェイルセーフ制御が働き、3気筒分の点火と燃料噴射を停止してしまったという訳なんです。
  このフューズブロックが原因だということに辿り着くまでどれだけかかった事か・・・回り道し過ぎて語り尽くせず(・。・;以下省略〜


IMG_3117a 結局フューズブロックのユニット交換で解決となった訳ですがもっと根本的な原因を特定したいと思うのがメカニックのサガ・・だけど悔しい事に基板やリレー、そしてトランジスタ関連が全てシリコンで封印されている為、手出し出来ず(>_<)

 このタイプのフューズブロックを採用した307、407はエンスト、エンジン不調、エンジン掛からずなど症状は様々ですが結構な確率で逝ってしまいますね。 シトロエンで言えばC4も然りです。だから今回もやっぱお前か!って感じでした(苦笑
ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン

プジョー&シトロエン、ATフルード交換やっぱ必要でした・・の巻

IMG_2899チョッと確認したいことがあり入庫中のプジョー308の取扱説明書をパラパラめくってると・・








IMG_2902 オートマチックトランスミッションフルード交換時期30,000kmの記載を発見!

 なにかとトラブルの多いATミッションAL4(AT8)とわかっていながら、あれほどATフルード無交換で押し通していたプジョージャポン。実態にようやく合わせて来たって感じですね。思わず心の中で「おそーい」ってツッコンでました。でも私が 提唱していたこと がようやく解かってもらえたような様な気がして勝手に、ひと仕事終えた達成感な浅見です(^_^.)    えーと、だけどATフルード30,000kmに修正したというのに今だにエンジンオイル20,000kmなんて書いてる点のツッコミは今回スルーさせて頂きます(-_-)

※ちなみにAL4の改良版?としてAT8という名で308や208、 おニューなC3、C4、DS3、DS4などに搭載していますが基本構造は同じモノなのでやっぱりATフルード管理はきちんとしなければですね。ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン検索用 故障)
最新記事
最新コメント
livedoor プロフィール
休業日
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ