ユーロファクトリー通信

........日々の現場作業、出来事、パーツ情報。それは常にメカニック目線で☆と行きたいとこですね。ただ作業並行の写真撮影は撮り損ね撮り忘れも多々あり肝心な箇所の写真が無かったりします....基本、毎日がドタバタです。文章力もビミョ〜だったりかと思いますが、お付き合い頂ければ幸いです <(_ _)> ...ユーロファクトリー店主浅見 2012.7.15〜

中古車 ストック

中古車ストック Coming Soon〜 NEW!

 現在、一般整備や車検整備が集中している事もあり販売車の仕上げが なかなか

進んでいませんが一般整備の合間を縫って1台1台順次コツコツ仕上げています。
いつ仕上がって公開出来るか予測が出来ない面ありますが小まめにコチラを覗いて見てくださいね。

 それでも販売準備中に噂を訊き付けたお客様の商談でご成約になってしまう場合が

多々ありますのでご興味ある方は積極的に問い合わせ頂ければ幸いです。


▼以下 販売準備中 まだ未公開 Coming Soon〜


シトロエン C3  本体価格 Coming Soon〜 NEW!
2007
’  1400cc  4AT   86,000km
販売準備中



IMG_7518  ルノー ルーテシア  本体価格¥400,000  NEW!
  2010
’  1600cc  4AT   24,000km
 
販売準備中





IMG_6481

 ルノー ルーテシア RS   F1リミテッド 

 2004’   2000cc  5MT   122,000km  車検H29/7まで

 

  早速の

  ご成約ありがとうございます。。。




IMG_0004  プジョー 106 S16 

  2000’  1600cc  5MT  32,700km

 

  早速の

  ご成約ありがとうございます。。。

 



IMG_6721  ルノー カングー

  2004’  1600cc  4AT  92,000km


  ご成約ありがとうございます。。。





IMG_0003  フィアット パンダ 100PS
  2007’  1400cc  5MT  13,000km


  ご成約ありがとうございます。。。





IMG_6134  ルノー ルーテシア RXT 

  2002’  1400cc  4AT  29,000km

 

  ご成約ありがとうございます。。。





 
IMG_6102 プジョー 206 SW S16
  2005’  2000cc  5MT  63,000km

  ご成約ありがとうございます。。。




IMG_6101 アルファロメオ 147 TS 

 2006’   2000cc  5MT  65000km
 

 ご成約ありがとうございます。。。



ユーロファクトリー 評判 群馬 埼玉 栃木 長野 新潟 車検 修理 メンテナンス ラテン車 イタリア車 フランス車 専門 整備工場 ディーラー 故障 不具合 テスター診断 フィアット ランチア アバルト アルファロメオ マセラティ ルノー プジョー シトロエン

中古車ストック:ルノー ルーテシア RS F1リミテッド

「10万Km超えたらクルマなんか、もうおしまい」と考えてる様な方には
意外に思われるかも知れませんが、10万kmを超える
きちんとメンテナンスされたンジンは
新車より断然滑らかにそして気持ち良く吹け上がり、燃費も向上して行くものなんです。
所謂「エンジンの当たりが出て来た」という状態、一番おいしいところです。
20万km超えるとこまでドンドン良くなります。
特に鋳鉄製のエンジンブロックを使う欧州車はその特性が顕著です。

もちろんオイル管理をはじめ、きちんとメンテナンスられている事が大前提です。
この車両はルノーディーラーで名高いルノー有明さんで
車検毎にきちんと
メンテナンスされていた車両です。整備記録簿履歴ありです。

私が試乗したフィーリングで素性の良い個体だということはすぐに判りました。
この辺は私も20年以上現場で携わった端くれ、正直500mも走らせれば大体の事はわかります。
(前オーナーの車に対する愛情の様なものも手に取るようにわかったりするんです。)
足回しもヘタリを感じません。一度は交換されているんだと思います。
エンジンも足回りも本来持つ良さを十分味わえる個体です。

ところでルーテシア僑劭咫△海譴曚描りにガッツがある車は最近、新車で欲しくても
手に入らなくなってしまいました・・(涙
軽快な走りの最高峰がプジョー106S16ならば、ガッツの走りの最高峰がルーテシア僑劭咾任后
このジャジャ馬な感じがたまりません!(^・^)

最近登場する新車が、どんなにデータ上のパワーを売りにしてもエンジンをダウンサイジングして
ターボでどんなにパワーを絞り出しても、NAで排気量の勝る車両から繰り出すレスポンスと
トルクの盛り上がり感には到底叶いません。
・・評論家がどんなに良いこと語っていてもです!・・・・まッ、彼らもお仕事ですからねぇ〜・・(^_^;)

これは実際に体感した人しかわからないんでしょうねぇ〜。
お値段はお手頃だけど侮るなかれd(^。^)車検も残ってますので是非ご自身で味わってみませんか。

 ルノー ルーテシア RS  F1リミテッド
  本体価格 ¥150,000   
ご共感頂いたお客様に嫁ぐことになり感謝です!
早速のご成約ありがとうございます。。。 
2004年
車検H29年7月
走行距離122,200
シルバーM
左ハンドル
5速MT
ハーフレザーシート
限定車F1リミテッド:シリアル133

タイミングベルト交換済 93,881km 2012/7/27
定期点検ディーラー記録簿4枚(H21/H23/H25/H27車検毎)
2オーナー車
スペアキー有り

※各写真はクリックで拡大写真になります。
IMG_7292IMG_7291IMG_7294IMG_7296IMG_7306IMG_7305IMG_7298IMG_7300IMG_7299IMG_7302IMG_7308IMG_7393

中古車ストック:プジョー 106 S16 後期型

106も最終型から10数年。状態の良い車両が少なくなりつつある今、希少です。
10万km以下を探すことすら希少になりつつある今日この頃です・・

実際、走行距離の少ないモノを探すにしても
何か諸事情あって放置され
動かしてない期間が長がかったりする車両が多いのも事実・・
そうしたモノをつかむと後々苦労する事にも成りかねません。

この車の素敵なところは走行距離の少ない上に新車から今までの履歴が
整備記録簿にきちんと記録され把握されている事です。それもディーラーで。
ワンオーナーが毎年2000〜3000km途絶えず乗り続け、毎年ディーラーに
定期点検に出し続けていた車両です。
要はメンテナンスを怠りなく続けられていた車両という事。とにかく感心するばかりです。

そしてここも素性の良い点、 ど・ノーマル車両です。
俺流にいじくり回されてしまった(いじくり回され過ぎた?)車両が多い中
軽快が売りの106S16本来の味を楽しむのには最良な車両です。
205GTIを源流とする当時のプジョーが極めたFFに対する意図をヒシヒシ感じられます。
その本来の味を感じた後で色々ディファィをしていくのが一番かとも思います。

106S16のシートは良い状態のモノが少ないかと思いますがこれは一見の価値ありです!

ここからは「いつもと同じじゃん!」と言われそうですが
コピペ文章で恐縮です。
106S16販売時の定番歌い文句とさせて頂きます(^_^;)

「FF軽快さ癸]と勝手に太鼓判を押させてもらいます。
今後このような車はもう出現しないんでしょうね。残念(-_-;)

ご自身のクルマ人生を後々語るにも一度は乗っておくべき一台だと思います。(どこかの評論家ふぅ〜

  プジョー 106 S16 後期型
  本体価格 ¥800,000   
 早速の
ご成約ありがとうございます。。。
 

2000年
車検整備付
走行距離32,700km
シルバーM
左ハンドル
5速MT
ハーフレザーシート

タイミングベルト交換済 31.084km 2014/4/5(作業ディーラー確認済)
定期点検ディーラー記録簿13枚
ワンオーナー車両
スペアキー2本付

※各写真はクリックで拡大写真になります。
IMG_7275IMG_7274IMG_7276IMG_7277IMG_7280IMG_7290IMG_7282IMG_7278IMG_7287IMG_7288IMG_7271IMG_7273
最新記事
最新コメント
livedoor プロフィール
休業日
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ